ロルフィングは筋膜リリースと何が違うの?

ロルフィング®︎は主に筋膜にはたらきかけるボディーワークですが、最近よく耳にする筋膜リリースとは何が違うのか、少し分かりにくいですよね。

ラサリコでも筋膜リリースのメニューもご用意しており、つい先日もお問い合わせをいただいたので、改めてこちらにもまとめてみます。

筋膜は同じ動きや姿勢が長く続くと、そのパターンに合わせてかたまってしまいます。筋膜がかたまると、筋肉が柔軟に動くことを妨げ、関節の可動域も小さくなってしまいます。そこでこの硬くなった筋膜を緩めていくのが筋膜リリースです。

そして、その筋膜リリースを解剖学に基づいて構成された手順で行うのが、ロルフィング®︎です。(実際には筋膜を緩めるだけではなく、逆に緩みすぎているところに張りを取り戻し、全身のバランスを重視します。)10回のセッションで順番に全身にアプローチしていきます。

ロルフィング®︎は「身体構造の統合」とも呼ばれており、まず腕、肩、足、脚、胴体、骨盤帯、首などの各パーツを”分解”し、それから全身を組み立て直すようなイメージです。はじめに、局所にはたらきかけ、それぞれの部分の本来の機能を呼び戻します。それから全身が協調して動けるように、まとまりをもたせていきます。

またロルフィング®︎では、一方的に施術を受けるだけではなく、受ける方もロルファー™️と一緒に身体の使い方や感覚を確認しながら進めるため、動きの癖やパターンなどをご自身が意識されるようになります。そして次のセッションまでの普段の生活の中で、より重力に抵抗しない(負荷がかからない)身体の使い方を実践しながら徐々に”楽な”身体の使い方を習得していきます。

このように①全身の構造に働きかけるため、また②重力に調和した身体の使い方をご自身が習得するためロルフィング®︎の効果は持続します。10シリーズ(10回のセッション)を受けるのは一生に一度でいいと言われているほどです。

痛みや腰痛、肩こりなどにお悩みで治療に通い続けているけれど、時間が経つと元に戻ってしまう、原因から根本的に改善したい方などにはロルフィング®︎がおすすめです。また、スポーツやダンスのパフォーマンスを向上させたい方にも全身のバランス、可動域の向上が期待できます。

ロルファー™️であるためか、ロルフィング®︎推しになってしまいましたが(汗)、リラクゼーションとしてや、凝った身体をとにかくすぐに楽にしたいときにはぜひ筋膜リリースをご利用ください♪

どちらがいいのかわからない、、などなど、何でもお気軽にお尋ねください^^

関連記事

PAGE TOP